家で飼ってある犬は臆病で外にウォーキングに行くのが嫌いだ

我が家の犬は、まったく臆病で、散策が大嫌いだ。散策中によその犬にほえられたり、噛みつかれた事が有ってからはテレビから犬の主張が聞こえただけで震えて居ます。見て居ても可哀相になりなすが、少なくとも一年中に1回位は、散策に行かせたくて今日も、家庭の周りを少しだけのつもりで散策に連れ出しました。やはりびくびくしながら歩いて居ました。すると、脇を通り過ぎた車種が止まって知らないおやじが降りて来ました。うちの犬にかけて「杏君、杏君じゃないか?」といった声をかけて来ました。「杏君じゃないですよ。」と答えるって、おやじは恥ずかしそうに「犬が大好きで色んな犬をかまってしまうけど、言い方が憶えられなくて。」と言いました。そうしたら私の面構えを見て、「あんたの犬、前の犬と違うね。」といった、いう。言われて、あたしは驚きました。家では、昨年、12時期飼って居た犬を亡くしました。後日で飼い始めたのが今の臆病犬なのです。犬が大好きだというおやじが、どこかで先任の犬ってあたしが散歩しているのを見かけて覚えて居てくれた点に驚きましたが、今、つれている犬という見分けれるなんて、著しい知ですわ。と思いました。おやじ有難う。先任の犬の点、覚えて居てくれて。いつかからは、こういう、臆病なこの子を見かけたら声をかけてください。と、お願いしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする