資格試しの授業で書屋通いの年中だ

目下、認可の勉強をするためにそれほど書斎の勉学室に行きます。学生時代と違って集中力もおみやげ技能もないし、スタミナも衰えてきているのでじっと座って勉強しているとすぐに疲れてしまいます。そんなときは、開架書物置き場で適当にニュースを読んで気分転換決める。学習消息筋の認可は、見解なども組み込むお仕事のものなので、就業マナーや敬語、便宜、やり取りのニュースを人数冊か読んでみました。身は以前にプレゼント専業に就いていて、いっぱい合わないなあとして退職したことがあります。ですから、認可の学習を始めるときにも「どっちみち認可を取って歴史しても合わなくて辞めてしまうかも」と悩みました。便宜のニュースを読んでみると、どのニュースにも「職務だけを必死に遂行するのは『自分の事情』なので簡単。はなはだ難しいのは『顧客の事情』によって心遣いをする地」と述べられていて、「なるほど」と思いました。「こんなにも頑張っているのになんでうまくいかないんだろう」と思ったとおり辞めて、終始社会人としての自分に自信を持てずにいましたが、根本的な座右の銘に足りないところがあったことに気付き、胸のつかえが取り去れました。すると、「前は不可だったけど、またやってみたいな」と思えるようになりました。では実験に通ることが第一なのですが、意志が上がってきたように感じます。また明日も書斎をめぐって学習手掛けるぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする